CooRie's Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 低温のロックンロール

<<   作成日時 : 2009/05/24 00:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

5月23日(土)
いよいよ来週はレコーディングが始まります。
TVアニメ「宙のまにまに」EDと劇伴(劇中音楽)です。

それにしても...作詞に煮詰まっています。
いつものように、想いが強過ぎるせいですね。。。

先日、映像を少し見させてもらえる機会があって、あまりに感動して欲が出て来ちゃったのかな。
2番以降の歌詞を、ちょこちょこ書き直したくなってきてしまって、はぁ...まだ完成していません。。。

もう一度、これから挑んでみようと思っています。

そういえば、今日は映画「重力ピエロ」の上映が始まったんだよな〜。
この原作小説がとても好きで、映画化を楽しみにしていました。

この小説を手に取った最初の理由はタイトルだった。
私は作詞の時にも、自分なりのタイトルを付ける事が好きで、常にずっとタイトルを探してるような人で、よくそのヒントを得るために本屋さんに行くんです。

そこで出逢ったのがこの作品。
http://jyuryoku-p.com/

伊坂さんのコメントにもあるけど、確かに「低温のロックンロール」だな。
「泣けないけど、感動的な作品」「やりきれないけど、爽快感がある」
どれも私の好きな表現です。

文章って相性があると思うんです。
物事への向かう角度というか、表現方法や落としどころとか。

私はミステリーももちろん好きだけど、何より日常に潜む「リアル」が描かれているものが好きです。

でも実は...大好きな作品だからこそ、映画になるって言うのは少し不安だったんです。
きっとどんなものでもそうですね。
漫画とかでも、実写化とかアニメ化とか、期待があるぶん不安だもんなぁ。

秋に放送予定の「君に届け」も。。。
でもそれ以上に楽しみ過ぎるんですけどね〜(≧▽≦)

来週あたり、映画館に行こう。
企画・脚本の相沢友子さんの愛や、ナイスキャスティングのパワーも含まれて、きっと素敵に映像化されているはず!!!

さぁ、もうちょっと作詞してみます〜。

りの
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
rinoさんおはようございます
求めてる理想が高いから作詞に煮詰まる、それは音楽に向かって本気で
頑張っている人だからこその悩みだと思うので、はぁとため息をつくほど
気にすることもないと思います。
自分も音楽をPCからダウンロードしたり、CDを買ったりする前に
曲のタイトル名をみてどんな曲かなぁと妄想?しながら聴くようにしてます。
タイトルと曲って不思議なつながりがあるんですよね。自分なりに気になったタイトルの曲は長いことずっと聴いてることが多いです。
お体に無理をかけない位にまっすぐ音楽に向かってくださいね。
あと気づいたらライブまで1ヶ月きってますね。
それでは

やぎ
2009/05/24 07:47
作詞も作曲も100点って無いから、いくらでも書き直したくなっちゃいそうですね。
翌日見直したらまた別の部分が気になってしまったり^^;

5/2の日記の後、その"とある音楽家"さんのブログを発見し、その文も含めて色々読んでみました。
その方もりのさんも、書く事深いですね〜。
その内容の本質を私ごときが何割理解できているのかわからないけど、読む事で音楽を聴く楽しみが増えてるのは確かですね。
Tomy
2009/05/24 11:26
rinoさん、皆さんこんばんは。
作詞作業お疲れ様です。こだわりがあるから
こそ、求めるものが大きいからこその悩み
だと思うので、rinoさん自信が納得いくまで
とことんこだわって書くのが1番です。
大変かと思いますがrinoさんのペースで
頑張って下さいね。無事完成するのを祈って
います。どんな詞になるのか楽しみにしています。
それではこのへんで失礼します。
石井良尚(りょうじ)
2009/05/24 19:00
rinoさん、こんばんは。

想いを言葉にするのは難しいですよね。。。

重力ピエロは数年前に読みました。
内容は漠然としか覚えていませんが、いい話だなぁと思った記憶はあります。
「泣けないけど、感動的な作品」…素敵な表現ですね。
僕は、いわゆる「泣ける話」に対してはどうしても作者の作為を感じてしまうので、「泣けないけど、感動的な」話のほうが好きです。
でも、僕には映画を見る習慣がないので、重力ピエロも見る予定はないです。

rinoさんに作詞の神様(?)が舞い降りますように
カーフ
2009/05/24 20:08
「やりきれないけど、爽快感がある」とは…
相反しそうなものを溶け込ませるのはすごいと思います。

君に届けは本当に楽しみにしてます。最新刊の発売も待ち遠しい限りで。

作詞、レコーディングと頑なに張ることなくがんばってください。
よ〜
2009/05/24 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
低温のロックンロール CooRie's Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる